当院が今までに受けた質問集   HOME へ

1、ホワイトニング後に注意することはありますか。

2、ホワイトニングは痛いですか。

3、歯に悪影響はありますか。

4、どのくらいもちますか。

5、アフターケアの方法はありますか。

6、どのくらい白くなりますか。

7、ホワイトニングはやればやるほど歯が白くなりますか。

8、続けてホワイトニングを受ける場合、何日あけたらいいですか。

9、中学生でもホワイトニングはできますか。

10、別の歯科医院で「歯の色が茶色系なので、ホワイトニングはできない」と言われたのですが、ホワイトニングしてもらえますか。

11、被せものの色が黄色なってきましたが、ホワイトニングで白くなりますか。

12、歯の根元が黄色いのですが、ホワイトニングで白くなりますか。

13、結婚式の直前にホワイトニングをしたいのですが、一番適切な時期はいつですか。

14、1万円くらいでできるホワイトニングもありますが、違いは何ですか。

15、ホワイトニングで白い斑点は消えますか。

1、ホワイトニング後に注意することはありますか
注意事項はホワイトニング後24時間は色素の強い飲食を控えることです。
ホワイトニング直後の歯は色素を取り込みやすい状態になっていますので、注意が必要です。

こちらも参考にしてください「ホワイトニングの効果を持続させる方法」

TOP へ

2、ホワイトニングは痛いですか
世の中には様々なホワイトニングシステムがあります。
基本的にホワイトニングをした歯は痛みます。
中には必ず鎮痛剤を服用するシステムもあるようです。

当院で導入しているルマクールホワイトニングシステムは、痛みを極力抑えることに留意したシステムです。
多少のイジイジ感がでることはありますが、痛みを感じることはほとんどありません。

こちらも参考にしてください「当院で歯を白くした方々の声」
こちらも参考にしてください「当院勤務の歯科医師のホワイトニング体験談」

TOP へ

3、歯に悪影響はありますか
ホワイトニングは歯の内部の色素を分解するという意味で、歯に影響はあります。
しかし、
虫歯になりやすくなったり、歯がもろくなったりするような悪影響はありません

TOP へ

4、どのくらいもちますか

色素の再沈着は徐々に起こり、6~12ヶ月で元の色に近くなります(個人差あり)
つまり、ホワイトニングの効果は
6~12ヶ月です。

元の色に近くなると書いたのは、ホワイトニングをした歯は、完全に元の色に戻るのではなく、色素の再沈着が起こっても、ホワイトニングする前よりは白い状態です。
ですから、元の色に近いという表現になります。

常に白い状態を保つのなら、6ヶ月おきにホワイトニングするのがベストです。
多少の色素沈着があっても、びくともしない白い歯になります。

TOP へ

5、アフターケアの方法はありますか
歯を白くしたら、後はできるだけその状態を維持したいですね。
歯みがきだけで維持できれば一番いいのですが、歯みがきだけで維持できる期間は、約6ヶ月~12ヶ月ほどです。

ホワイトニングの効果を持続させるためにご家庭でできる最も効果的な方法は、家でもホワイトニングをすることです。
つまり、
ホームホワイトニングです。

当院では、オフィスホワイトニングのアフターケアとして、マニキュアタイプのホワイトニング剤『ステイブライト』を用意しています。

一般的なホームホワイトニングは歯型に合ったトレーに薬剤をいれて歯にはめる方法です。
就寝中ずっと歯に薬剤を作用させる必要があり、のどに薬剤が流れる心配があります。

ステイブライトはマニキュアですから短時間の使用ですみ、また必要な歯に塗るだけなので、薬剤がのどに流れる心配もありません。

ステイブライト

一日2回・30秒、一日おきの使用でオフィスホワイトニングの効果が最大限持続されます。(使用後30分は飲食を控えてください)

使用はホワイトニングを受けてから7日後からです。

1瓶で約2ヶ月使用できます(2ヶ月はメーカー表記です。実際は6ヶ月使用できます)

販売価格:6480円/本(税込)

TOP へ

6、どのくらい白くなりますか

以前はこの質問が一番多かったのですが、最近は減ってきました。
ホワイトニングで歯が白くなることは当たり前と認知されてきたからなのでしょうか。

どのくらい白くなるかは、結論から言うと、元々の歯の色次第です。
白い部分はより白く、黄色い部分は薄い黄色に、とご理解ください。

下図は歯の色を16段階で表現したものです。

皆さんが一番気になる歯は犬歯であることが多く、その色はA3.5 or A4 です。
犬歯が A2 になれば相当白く感じますが、ホワイトニングでは A2 と A3 の間で止まることが多いです。
それでも 元々の色と比べると、ずいぶん白くなったと実感できますよ。

元々白いA2 の歯は、1回のホワイトニングで A1、B1 になります。

TOP へ

7、ホワイトニングはやればやるほど歯が白くなりますか
ホワイトニングは、やればやるほど歯は白くなります。
ですが、さすがに限界もあり、お皿のように真っ白というわけにはいきません。
ホワイトニングの基本は
「歯の白い部分はより白く、黄色い部分はうすい黄色に」です。
続けてホワイトニングを受けられる限度は3回です(1回で2セット行うので、3回すれば6セット受けることになります)
下図は1回のホワイトニングで歯の色が変化する度合いを示しています。

TOP へ

8、続けてホワイトニングを受ける場合、何日あけたらいいですか
14日前後です。

TOP へ

9、中学生でもホワイトニングはできますか
前歯が永久歯に萌えかわっていれば可能です。
中学生になっていれば、萌えかわりは終了しているので問題ありません。

TOP へ

10、別の歯科医院で「歯の色が茶色系なので、ホワイトニングはできない」と言われたのですが、ホワイトニングしてもらえますか
ご希望であれば、ホワイトニングを行います。
ルマクールホワイトニングにはマスキング効果があるので、茶色の歯も多少はうすくなります。
しかし、元々の色が茶色のお皿をいくら漂白しても白くならないのと同じで、歯が茶色の場合は漂白効果はあまり期待できません。
茶色の歯をしている方は、まずホワイトニングをして、さらなる白さをご希望の場合は別法としてセラミック治療を提案させていただきます。

TOP へ

11、被せものの色が黄色なってきましたが、ホワイトニングで白くなりますか
被せものの色はホワイトニングで白くすることはできません。
作り替えをご検討ください。

TOP へ

12、歯の根元が黄色いのですが、ホワイトニングで白くなりますか
うすい黄色にすることは可能です。
真っ白になるわけではありませんが、気にならない程度にはなります。

TOP へ

13、結婚式の直前にホワイトニングをしたいのですが、一番適切な時期はいつですか
1週間前が適切です。
なぜならホワイトニング直後の歯は色素を取り込みやすい状態になっていますので、前日、前々日だと結婚式の料理を口にすることができないからです(結婚式の料理はソース系の色素が強い料理が多い)
ですから、早めにして歯を落ち着かせた方がベターです。
結婚式前は何かと忙しいですが、ご了承ください。

こちらも参考にしてください「ホワイトニングの効果を持続させる方法」

TOP へ

14、1万円くらいでできるホワイトニングもありますが、違いは何ですか
当院のホワイトニングは、1回の来院で最大の効果を出すことを目的としています。
当院に来院された方の話ですが、その方は、1万円くらいでできるホワイトニングを受けたことがあるらしいのですが、行ってみると「5回ほどの通院が必要」と言われたそうです。
5回通えば5万円です。
結果的には当院の方が時間が短く、料金も安かったらしいです。
ですから違いは何かというと、時間とお金の節約です。

TOP へ

15、ホワイトニングで白い斑点は消えますか。
白い斑点は消えません。
ホワイトニングは白い部分はより白くなるので、むしろホワイトニング直後は目立ちやすいです。
時間がたてば目立ちにくくなります。

TOPへ

HOME へ   TOP へ